日本車との違い

日本でも圧倒的な人気を誇るドイツ車。日本車との違いは一体どこにあるのでしょうか?

機能性か?走りの性能か?

日本車の場合、車内幅やラゲッジにどの程度の荷物を積載可能かをセールスポイントにしているケースが多いです。一方、ドイツ車の場合、そういったことにはあまり注力していません。ドイツの自動車メーカーにとってそれは些末なことで、何よりもサスペンションの優位性や乗り心地の良さを優先しています。

具体的なこだわり

例えばドイツ車の車体が低いのは、空気抵抗を小さくして、燃費の悪化を防いだり、走行の安定性を保ったりするためです。また、車体の剛性(曲げやねじりの力に対する耐性)が高いことも特徴のひとつです。剛性が高いと、サスペンションの動きがスムーズになり、走りの安定性に直結します。